僕が2ちゃんねるを捨てた理由 を読んだ

with コメントはまだありません

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
ひろゆき

タイトルに惹かれて読みました。

インタビュー形式で原稿を起こしてもらい執筆は別の方にお願いしているみたいです。

なので、若干、今までご紹介してきた書籍より、

読みづらさ?を感じました。

また、2ちゃんねるを捨てた理由は前半に登場し、

後は、現在のメディアインターネットに関するひろゆき氏の

批評がつらつらと続きます。

まあ、ひろゆき氏のインタビューをまとめたような本ですかね。

なので、この本自体が一貫してなにかを伝えたいということではありませんので、随所随所ふ〜んって思うところはあるんですが、

いまいち何がいいたいのか伝わってきませんでした。

一通り読んだんですが、

とくに印象にのこる箇所も思い出せず・・・

ちょっと拍子抜けでした。。。

残念。

以外な情報だった点は、

ニコニコ動画やyou tubeなどが赤字であるということ。

動画を配信するサービスはめちゃくちゃお金がかかるそうです。

見る方は定額でインターネット見放題ですが、

配信する方は従量課金制で配信する重さ?で金額がかわってくるみたいです。

なので、動画配信は相当な収入がないと厳しいそうです。

現在、1000万人ぐらいニコ動はユーザーがいるらしいですが、

利益を取ろうと思ったら、20万人ぐらいの有料会員だけで

運営していく風にしないとだめだそうです。

きびしいですね〜まさか赤字とは・・・

やはり、無料が当たり前のインターネットも

そろそろ課金をしていかないと厳しいですね。

あれで赤字なら他はどうなっちゃうんだろうって感じです。。。

Leave a Reply