ホーム > ブログ > 並び支払い

Webデザイナー ブログ

並び支払い

2009年12月24日(確定申告・税金)

フリーだと当然請求関係も
自分でやらないといけませんが、
たまに3並びでとか5並びでという感じで、
請求をたてる場合があります。

33.333円、55,555円といった例です。

これは、3万円の報酬で仕事を受けた場合、
個人は源泉徴収されるので、実際に
額面を3万円で引き受けてしまうと、
みなし税率ですが、10%ひかれた金額の
27,000円しかもらえません。

そうならないように、
3万円にあらかじめプラスした金額を
請求して3万円を振り込んでもらおうという仕組みです。

が、いつも疑問に思っていたんですが、
だったら、3並びでなく、
33,000円でいいじゃんと思ってたんですが、
並べるのはなぜかい。。。

気になったので、
税務署に聞いてみたら、

3万を0.9で割ると

なんと!

33333.33333333・・・・・

おお!並びに!

これが並びの正体だったのです!

ただ、なんで0.9で割るのか
さっぱりなんですが、
理解できませんでした。。。

どなたかご存知の方
いらっしゃいましたら教えて下さい。
半スッキリ〜

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメント / トラックバック2件

  1. びすこ より:

    へ〜フリーてそんな事情が会ったとは…

    0.9は〜考えた感じだと
    3並びをAとします、A、これは税率10%を引いたときに3万円手元に残る金額です。
    A x (1 – 0.1)=3万て式になります。
    つまりA x 0.9=3万。
    すなわちAは3万を0.9で割った数、で解るかしら…

  2. tetsu より:

    ああ、、、なるほど。。。
    数学が苦手なので!

    ありがとう!!!

コメントをどうぞ