ホーム > ブログ > php デバックに便利なvar_dump

Webデザイナー ブログ

php デバックに便利なvar_dump

2010年1月20日(php)

プログラムを組んでいるときは、
デバック作業が必要不可欠です!

どこまで順調に進んでるか、
どこでエラーが発生しているのかが
一目でわかります。
場所が分かるだけでなぜかを紐解くには
一苦労するわけですが・・・

それでもないよりかはるかにましです。

変数にちゃんと値が入っているかを
確認する程度であれば、echoやprintで十分です。
配列はprint_rで構造が表示されます。

もっと強力なのが、
var_dump()です。

print_rよりもっと詳細な情報を参照します。

一度、ファイルから読み込んだ値と
変数を比較する式を書いたんですが、
どう考えても同じ値なのにtureにならなくて
はまっていた時、var_dump()で見てみると、
ファイルから読み込んだ値には、
utf-8のbomというわけのわからないデータが
入っており、tureにならないことがわかりました。
文字列の長さも返してくれるので、
一見目に見えない改行や空白なども
発見できます。

以上、覚書でした。

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメントをどうぞ