ホーム > ブログ > wordpressで日付をPHPの変数に格納する

Webデザイナー ブログ

wordpressで日付をPHPの変数に格納する

2010年1月25日(wordpress)

wordpressのブログの方でも1日以内の記事にnewをつけるやつ
をやりたかったので軽い気持ちで挑んだんですが、
壁にぶち当たりました。

runPHPを入れたのでPHPは無事使えるようになったんですが、
the_timeで表示される投稿時間を一度PHPの変数にしまいたいのに
$date = the_time();の段階でブラウザに出力されてしまいます。

よく考えればそうですよね。
wpはなにも間違っていない。

どうしたもんかと調べていたら。
the_date();というタグがありました。
これは投稿日を表示するタグで
the_date(”, ”, ”, false)とfalseの引数を指定すると、
表示されなくなりPHPの変数として扱えるようです。

the_timeにもつけてくれればいいのに。。。

あとは以前と同じやり方でできました。
同じ投稿日だと2件目移行が空欄になってしまいますが、
逆に見やすいかも。

と思ったんですが、
やっぱり気持ち悪いので、
修正しました。

//投稿日をphp変数に格納
$date = the_date(‘U’, ”, ”, false);

//投稿日は1日分しか表示されないので
//空の場合は、その前の投稿分の日付を別の変数に入れておく
if($date != “”) {
$date2 = $date;
}

//1日以内はnewを表示
if(time()-$date < (3600*24) or time()-$date2 < (3600*24)) { $new = "new"; }else{$new = "";} if($date != "") {//日付が入っていれば echo date("Y.m.d", $date); }else{//入っていなければ、前投稿分の日付を表示 echo date("Y.m.d", $date2); } 同日以内の前の投稿分の日付を変数に格納しておいて、 次のループで同じ日の投稿でthe_dateの値が空だったら、 変数の方を出力するようにしました。 ふぅ~すっきり!

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメントをどうぞ