ホーム > ブログ > 1ヶ月経ちました

Webデザイナー ブログ

1ヶ月経ちました

2010年10月2日(仕事関係)

会社を設立して1ヶ月経ちました。
保険や税務署、市役所などの手続きも一通り済ませて、
ひと段落です。

会社にしたからかはわかりませんが、
いろいろ、お声掛けいただくことも多く、
お仕事の方も、おかげさまで忙しくさせていただいており、
順調な滑り出しかと思います。

初めてのことがたくさんあって結構楽しかったです。
飽き性の僕にとってはなんかいつもと違うことがないと
つまんなくなってしまうもんで・・・

とにかく、今年いっぱいは、
頂いた仕事をしっかりやることに専念ですね!
来年はもうちょっと違うことにチャレンジしようかと思います!

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメント / トラックバック3件

  1. ウェブ学生 より:

    はじめまして!
    以前の記事のwebデザイン覚書の内容が
    とてもわかりやすく参考になりました。

    ただ、こちらの記事http://aka-iro.jp/blog/?p=60で
    私の知識不足のためよく理解できないところがあったのですが、よろしければお教えいただけないでしょうか。。

    この部分です。
    //////////////////////////////////////
    僕が一番大事にしているのは、
    差別化です。ジャンプ率も気にします。

    ジャンプ率とは、画面構成内での
    要素同士のサイズ幅と言いますか、
    強弱といいますか、うまく言えないですが、
    なるべく各エリア・グループの
    対比をなるべく強くして、
    画面全体にメリハリをつけます。
    ////////////////////////////////////////

    差別化とは例えばどんな表現の仕方を意味するのでしょうか?
    各エリア・グループの対比をなるべく強くして、画面全体にメリハリをつけるいうのはどういう事なのでしょうか??

    こんな書き込みしてしまいすみません;

  2. tetsu より:

    私が一番デザインで大事だと思っていることは「優先度」だと思っています。
    プライオリティーともいいます。
    これは、予備校時代のデッサンの授業からずっと教えられてきたことですが、
    何を一番に見せたいか、訴えたいかを明確にします。

    Web上であれば、メインのビジュアルであることが多いかと思います。
    さらに、その中でもキャッチコピー、写真、リード文、ボタンなど細かく、
    プライオリティーを考える必要があります。
    コピーを目立たせたいのに、ボタンが一番目立つデザインではいけないということです。
    それがメリハリ(差別化)です。

    さらにさらにメインビジュアルのほかにナビゲーションエリア、ヘッダー、フッター、サイドエリアなど、
    あらゆる要素が混在するわけですが、そのエリアレベルのプライオリティも考えなければなりません。
    ページ数がおおいから、ナビゲーションをたたせようとか、ロゴのブランドを訴求したいので、
    ヘッダーを強調しようなど、要件ごとにプライオリティは変わりますが、
    あらゆるすべての要素の絶妙なバランスでデザインは成り立っているのです。

    と言っても、そのバランスは、
    非常に難しいので、中々うまくいくものではないですが・・・w

    それはお客さんや代理店の意見も踏まえながら、
    試行錯誤して詰めていく部分になります。

    デザインは正解がないので、
    ここで終わりというのはないのですが、
    目標は訴求するべきものを訴求するということだと思います。

    参考になれば幸いです。

  3. ウェブ学生 より:

    ご返信ありがとうございます。
    とても参考になりました!

    目的に沿った差別化・プライオリティを意識したデザインが
    できるよう頑張っていきたいと思います!!

コメントをどうぞ