ホーム > ブログ > 海外ドラマを英語でみること

Webデザイナー ブログ

海外ドラマを英語でみること

2019年4月21日(English)

とある本ではTOEIC800点近くない人は英語のドラマを勉強として見ることは非常に非効率な勉強方法だそうです。知らない単語や知らない言い回しはそもそも聞き取れないので単純に英語らしきものを聞いてるだけで効果が少ないようです。

ただひとつの映画を音声と英語字幕だけで見聞きし何度もセリフを自分でも言えるぐらいにし後で意味を理解する勉強方法は効果的のようです。

結局は一つ一つ聞いて理解して話すを覚えるしかないんですよね。適当に英語の曲やドラマ聞き流して英語が理解できるなら我々はもうとっくにしゃべれてるはずですしね。

イーオンでもシャドーイングという決まった文章を音声のあとに1秒遅れくらいで真似する練習を進められます。最近はこれが流行っているそうです。しかまず文章の理解はしません。ひたすら音とリズムとスピードを叩き込みます。ある程度できるようになったら始めて意味を調べわからない単語を理解します。

これは知らない単語でも前後の文脈などで推測する力や先に単語を見てしまい自分のオリジナルの発音や抑揚で話してしまうことを防ぐ効果があります。正直英単語は前後に続く単語によって発音が変わったりするので発音やリスニングにおいて単語別に見ることはあまりいい方法とは言えないかもしれません。

あといろいろやっていて思ったのは、最初この方法だと無限に文章おぼえなあかん!って思ったりもしたんですが数をこなしているとこの言い回し結構多いなぁっていうのが出てきます。そういうのがだんだんとオーバーラップしていくので、とにかく数をひたすらこなしていくのが重要そうです。あまり一つ一つ完璧に覚えるまで進まないよりはシャドーイング100回ぐらいやったら次って感じでいいそうです。

 

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメントをどうぞ