ホーム > ブログ > 英語学習で気づいたこと

Webデザイナー ブログ

英語学習で気づいたこと

2020年6月6日(English)

言語学習において奇跡は起きないと先生に言われて改めて時間のかかることだなと思った。英語の学校やサービス、youtuberなどはもちろんビジネスなのでさも簡単に早く英語がしゃべれるように誤解させるでしょうがはっきり言って不自由なくしゃべれるようになるには3年から5年はかかると思う。まあそんなこと初日にいったらやめる人のが大多数でしょう。

毎日3時間ぐらい一年以上勉強して改めて思う。

まあこの何時間勉強したとかも相当ナンセンスなんだけど。下の子が4歳でもう日常会話は可能。ってことはとりあえずその言語に囲まれていれば自然にしゃべれるようになるってこと。彼はメモったりフレーズを復唱したり何てしたことはないw ただ親の言うことだけを聞いたりテレビのなかから自然に学んだだけ。彼の日本語を直したことなんか一度もない。

なので何が一番大事かと言うと無理して記憶、暗記をしようとしないこと。それは無意味だから。正確に言うと非効率。言葉やフレーズはいつどこで出てくるかが大事。やみくもにそれだけを覚えてもいつ使えるかわからないしそのような覚え方は全く記憶の残らない。一年前にノートにとったフレーズや単語で今だに覚えられてないものがある。なぜならそれは日常会話で一度も出てきたことがないから。逆に言うとノートとっておいて会話に突然出てくると電気が走ったような感覚になり記憶に深く刷り込まれる。

そういう意味ではノートテイキングは有効かもしれないが、全く優先すべき事項ではない。

とにかくやることは非常にシンプルでいい。

ネイティブと話しまくる。

ただそれだけ。知らないことがあれば別に無視でいい。大事なことなら相手は言い方を変えて分かりやすく言ってくれるだろう。もし単語が聞き取れたのに、もしくは前に聞いたことがあるかもしれないと思ったらそれってなにって聞けばいい。子供のように。

そしてその場でわかったらノートなんてとらずにすぐ忘れていい。また、であったときに聞けばいいだけだから。二度とであわないならそれはあなたにとって必要なかった言葉だから。

リーディングも有効。自分はfacebookとかニュースとかを読んだりみたりしてそれをネイティブと話して意見を交わすと言うのを最近ずっとやってます。日常会話も学べるしビジネス英語も学べるし社会の子とも学べる。一石三鳥。

オンライン英会話でいくらでも話す機械は作れるのでお金もそんなにかからない。テレビもやめて常にネットフリックスで字幕なしの映画をかけておく。

耳をとにかく常に英語にならしておくこと。意味なんか調べなくていい。リズムや表情と発音など雰囲気をしれればいい。自然とフレーズがピックアップできてくる。ディクテーションとかいちいちワード調べたりとか絶対つまんないしめんどくさいし。だからみんな最後まで続かない。

とにかく英語学習は自分に一切のストレスを与えないこと。それにつきる。効率を重視するならとにかく話すこと。

人気ブログランキングへ
応援お願いします!

コメントをどうぞ